当選確率

IPO当選確率想定値 テックポイント・インク

更新日:

テックポイント・インクのIPOです。

 

売り上げ、利益は、右肩あがりです。

管理人の想定ではありますが、当選確率を数値で証券会社毎に求めてみました。

注) 当選確率が高い(申込者の見込みが少ない)とのご指摘を頂きました。2017/9/EでIPO開始から約半年になりますので、それまでのデータ等をもとに、当選確率の計算方法を見直しいたします。

 

スポンサーリンク

 

テックポイント・インク株式会社 吸収規模11億 市場: 東証M
証券会社 抽選配分率 配分株単位:1単位100株 M(IPO申込人数) P 当選確率(単位%)
総配分枚数   17480    
みずほ 10% 13984 8400 16.65
SBI 70% 1748 35000 0.0049
大和証券 15% 1748 31000 0.85
合計   17480   17.50

主幹事であるみずほ日興証券への配分は80%配分、他は10%ずつ、としました。合計の当選確率は17.50%で割と高いです。 証券会社の数が少ないからですね。

注)当選確率が高すぎるとのコメント頂きました。ありがとうございます。みずほは3%程度とのことです。

私自身が当選を一回しかしてないので、確率値の検証ができませんが、9/Eの時点で、今までの実績をもとにすべて見直しを行います。

当選確率が'-'の証券会社はネットで抽選してませんので確率値は求めてません。

なお、確率計算は前提を置いて実施してますので、その値を保証するものではありません。あくまでも参考値としてご覧ください。また、その計算方法は、証券会社の当選確率表(数値) 口座数順 をご覧ください。上記の当選確率は、想定の配分枚数で計算しております

 

よければ↓ポチッとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村

投資はあくまで自己責任でお願いします。記載された情報をもとにした投資の責任は一切追いません。

 

スポンサーリンク

-当選確率

Copyright© IPO日々のやりくり公開ブログ , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.